口は災いの元【お釈迦様物語】

【概要】 むかし、王舎城と呼ばれる町でお釈迦様が説法していた時のことです。 あるとき、お釈迦様と弟子の阿難は通り沿いの汚水の中に、人間のような手足を持った一匹の小さな虫を見つけました。 その虫に、お釈迦様は哀れみを持った顔を向けられました。阿難はお釈迦様のその表情を見逃しませんでした。 そのことが気になっていた阿難は、あとからそのことをお釈迦様に聞いてみました。 そこで、お釈迦様は、あの小さな虫の過去生の因縁話を話してくれます。

目次

youtube音声ガイダンスを聞く

youtubeはの広告が邪魔な方はこちらからどうぞ

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次